商品詳細ページ | JMAM eショップ学びの店 | マンガでやさしくわかるチームの生産性

JMAM eショップ 書籍・通信教育通販サイト

お電話でもご注文承ります♪ 0120-39-4315 受付時間(平日): 9:00~17:00

3,000円以上のお買い物で送料無料!! お電話でもご注文承ります。 TEL: 0120-39-4315 平日: 9:00~17:00
10907
2
マンガでやさしくわかるチームの生産性
http://jmam.jp/manabi/products/detail.php?product_id=10907
社長から生産性向上の旗振り役を任された、とある会社の営業部主任・中泉みかの。<br /> 唐突な指示に困惑しながらも、営業チームに呼びかけ、担当業務の洗い出しなどを進めますが、どう生産性向上につなげていいのかわからなかったり、抵抗勢力に振り回されたりで苦悩の連続。<br /> <br /> ダムで偶然出会ったオフィス改革コンサルタント・二之宮の教えを受けながら、「チームのアウトプットを最大化する&quot;自分たちらしさ&quot;&quot;勝ちパターン&quot;は何か?」メンバーを巻き込んでプロジェクトを進めるみかのが働き方の常識を変えた秘策とは!?<br /> <br /> <strong>本書を読んでリモートワークの導入を上司に相談したら、OKをもらえた!など反響多数。</strong><br /> <br /> 問題発見から改善策の立て方、運用、定着まで4つのフェーズに沿って組織も個人も成長する、本当の生産性向上、働き方改革を教えます。<br /> <br /> <br /> &nbsp;
http://jmam.jp/manabi/upload/save_image/11260955_5bfb4472ec3d8.jpg
書籍
ビジネス書籍
リーダー・管理者・マネジメント
書籍
◆マンガシリーズ◆
書籍
◆電子書籍対応◆
1500
社長から生産性向上の旗振り役を任された、とある会社の営業部主任・中泉みかの。<br /> 唐突な指示に困惑しながらも、営業チームに呼びかけ、担当業務の洗い出しなどを進めますが、どう生産性向上につなげていいのかわからなかったり、抵抗勢力に振り回されたりで苦悩の連続。<br /> <br /> ダムで偶然出会ったオフィス改革コンサルタント・二之宮の教えを受けながら、「チームのアウトプットを最大化する&quot;自分たちらしさ&quot;&quot;勝ちパターン&quot;は何か?」メンバーを巻き込んでプロジェクトを進めるみかのが働き方の常識を変えた秘策とは!?<br /> <br /> <strong>本書を読んでリモートワークの導入を上司に相談したら、OKをもらえた!など反響多数。</strong><br /> <br /> 問題発見から改善策の立て方、運用、定着まで4つのフェーズに沿って組織も個人も成長する、本当の生産性向上、働き方改革を教えます。<br /> <br /> <br /> &nbsp;
10

マンガでやさしくわかるチームの生産性

画像をクリックすると拡大画像が見られます

マンガでやさしくわかるチームの生産性

品番: 120-3161

1,620 円(税込)

  • カートに入れる





この商品の基本情報

著者名 沢渡 あまね 著/松尾 陽子 シナリオ制作・作画
判型 四六判並製
頁数 224頁
発行/発売 2018年11月
対象者 20代後半~40代前半の課長、チームリーダー、プレイングマネジャーの方

【この商品の発送日目安】

クレジット ・代金引換
ご注文確認後、 2営業日後 に発送いたします。

コンビニ・ATM(先払い)
ご入金確認後、 2営業日後 に発送いたします。

社長から生産性向上の旗振り役を任された、とある会社の営業部主任・中泉みかの。
唐突な指示に困惑しながらも、営業チームに呼びかけ、担当業務の洗い出しなどを進めますが、どう生産性向上につなげていいのかわからなかったり、抵抗勢力に振り回されたりで苦悩の連続。

ダムで偶然出会ったオフィス改革コンサルタント・二之宮の教えを受けながら、「チームのアウトプットを最大化する"自分たちらしさ""勝ちパターン"は何か?」メンバーを巻き込んでプロジェクトを進めるみかのが働き方の常識を変えた秘策とは!?

本書を読んでリモートワークの導入を上司に相談したら、OKをもらえた!など反響多数。

問題発見から改善策の立て方、運用、定着まで4つのフェーズに沿って組織も個人も成長する、本当の生産性向上、働き方改革を教えます。


 

著者紹介

沢渡 あまね(さわたり・あまね)
1975年生まれ。あまねキャリア工房 代表。
業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。人事経験ゼロの働き方改革パートナー。大手自動車会社、NTTデータ(オフィスソリューション統括部)などを経て2014年秋より現業。サラリーマン経験16年。情報システム部門、ネットワークソリューション事業部門、広報部門などを経験。
現在は企業・自治体などで働き方改革、社内コミュニケーション活性、業務プロセス改善の支援・講演・執筆・メディア出演を行う。趣味はダムめぐり。
著書に『働く人改革』(インプレス、2017年6月)、『マネージャーの問題地図』 (2018年8月)、『システムの問題地図』(2018年2月)、『働き方の問題地図』(2017年12月)、『職場の問題かるた』(2017年9月)、『職場の問題地図』(2016年9月)、『仕事の問題地図』(2017年3月)(いずれも技術評論社)、『チームの生産性をあげる。』(ダイヤモンド社、2017年7月)、『ドラクエに学ぶ チームマネジメント』(シーアンドアール研究所、2018年9月)などがある。

目次

プロローグ チームの生産性とは(Story0 生産性向上の旗振り役!?)
01 生産性とは何か?
02 生産性の式に潜む2つの罠
Part1 現状把握フェーズ(Story1 まずは見える化)
03 生産性を上げる4つのフェーズ/8つのステップ
04 <フェーズ1>現状把握フェーズ
05 書き出す
Part2 検討フェーズ(Story2 常識を疑う)
06 <フェーズ2>検討フェーズ
07 「4つの方向性」で向き合い方を決める
08 「ネガティブ3大ワード」に敏感になる
Part3 実践フェーズ
09 <フェーズ3>実践フェーズ(Story3 改革に抵抗はつきもの)
10 改善提案が起こらない職場の特徴
11 なぜ本音を言わない?4つの背景
12 改善活動の役割を決める/時間をとる/評価する
13 旗振り役だけに押し付けない
14 提案者と実行者を分離する
15 改善意欲が乏しい職場の、改善テーマ設定2つの方法
16 無駄に気づくための「アンテナ」を立てる
17 「手を変え」「品を変え」「景色を変え」
18 きちんとお金と時間をかける
19 抵抗勢力と向き合う
20 「改革推進者=一歩先の明るい未来を見せてあげられる人」
Part4 定着フェーズ(Story4 ファンをつくる)
21 <フェーズ4>定着フェーズ
22 改善のはじめの一歩を踏み出す、「3つの“る”」
23 社内のユーザエクスペリエンスを創ろう
24 小さな成功体験が、組織に改善風土とチャレンジ風土を芽生えさせる
25 「仕事した感」に注意!
26 古いやり方は個人と組織を時代遅れにする
27 コラボレーションを阻害する環境はビジネスリスク
28 「健全な問題意識」「健全な成長欲求」に向き合う
29 ラクをすることは悪いことではない!
エピローグ 組織も個人も成長する(Story5 “最適な”働き方に「変化」する)
30 あなたたちの「らしさ」は何か
31 社外のファンをつくる
32 組織のブランド
おわりに~「働き方改革ごっこ」「改善したふり」からの卒業

現在のレビュー: 0件

新着レビュー

新規コメントを書き込む

この商品を見た人は、このような商品にも興味をもっています