商品詳細ページ | JMAM eショップ学びの店 | ザッソウ 結果を出すチームの習慣

JMAM eショップ 書籍・通信教育通販サイト

お電話でもご注文承ります♪ 0120-39-4315 受付時間(平日): 9:00~17:00

3,000円以上のお買い物で送料無料!! お電話でもご注文承ります。 TEL: 0120-39-4315 平日: 9:00~17:00
12045
2
ザッソウ 結果を出すチームの習慣
http://jmam.jp/manabi/products/detail.php?product_id=12045
●「ホウレンソウ」だけではチームは回らない<br /> 仕事をする上で、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」は大切です。<br /> こまめな報告があれば安心でき、<br /> 連絡が行き届くことで無駄もなくなり、<br /> 相談があることでいち早く問題を解決することができます。<br /> ホウレンソウは社会人にとっての基礎スキルといえます。<br /> <br /> ただ、ホウレンソウだけでは、<br /> チームのコミュニケーションが機能しなくなってきています。<br /> <br /> 近年、チーム間で(とくに、上司と部下の間で)個人的な話がしにくくなっています。<br /> 働き方改革によって残業が減り、飲みニケーションや喫煙所での会話も少なくなりました。<br /> ハラスメントに注意しすぎて仕事以外の話もしにくく、<br /> つねに成果を求められているため、短期的な仕事の話が中心になっています。<br /> <br /> こうしたコミュニケーションだけでは、<br /> 人を、成果を出すための道具としてしか見られなくなり、<br /> やがてチームのモチベーションは下がっていってしまいます。<br /> 人としてコミュニケーションがとれる場を、<br /> チームとして継続的に設けることが必要なのです。<br /> <br /> ●チームを活性化させる「ザッソウ」<br /> 具体的にいうと、それはチームにおけるコミュニケーションのあり方を<br /> 「ホウレンソウ」のステージから「ザッソウ(雑談・相談)」に上げる、ということです。<br /> <br /> ザッソウを通して、メンバー同士が何を考え、<br /> 何を感じているのかを共有し、言いたいことを言い合える信頼関係をつくる。<br /> それはチームに心理的安全をもたらし、メンバーのやる気を高めることにもつながります。<br /> <br /> それに普段から雑談をしていれば、本当に困ったときに相談しやすくなります。<br /> 旧来のホウレンソウだけの状態では、信頼関係ができていないわけですから、<br /> たとえ「いつでも相談していい」と言われていても、なかなか声をかけにくいものです。つまり話しかける心理的ハードルを下げるためにも、ザッソウは有効なのです。<br /> <br /> それだけではありません。新しいアイデアが出ない、専門的な知識がなくて困っている&hellip;&hellip;<br /> そんな問題を解決したいとき、ザッソウでコミュニケーションをとるうちに<br /> 価値が生まれることがあります。<br /> ザッソウは、イノベーションにつながるアイデアが生まれ、<br /> チームの生産性を高めることにもつながるのです。
http://jmam.jp/manabi/upload/save_image/08061620_5d492a5336fe5.jpg
書籍
ビジネス書籍
ビジネススキル・仕事術・業務改善
書籍
◆電子書籍対応◆
書籍
◆新刊書籍◆
2019年8月発刊
1500
●「ホウレンソウ」だけではチームは回らない<br /> 仕事をする上で、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」は大切です。<br /> こまめな報告があれば安心でき、<br /> 連絡が行き届くことで無駄もなくなり、<br /> 相談があることでいち早く問題を解決することができます。<br /> ホウレンソウは社会人にとっての基礎スキルといえます。<br /> <br /> ただ、ホウレンソウだけでは、<br /> チームのコミュニケーションが機能しなくなってきています。<br /> <br /> 近年、チーム間で(とくに、上司と部下の間で)個人的な話がしにくくなっています。<br /> 働き方改革によって残業が減り、飲みニケーションや喫煙所での会話も少なくなりました。<br /> ハラスメントに注意しすぎて仕事以外の話もしにくく、<br /> つねに成果を求められているため、短期的な仕事の話が中心になっています。<br /> <br /> こうしたコミュニケーションだけでは、<br /> 人を、成果を出すための道具としてしか見られなくなり、<br /> やがてチームのモチベーションは下がっていってしまいます。<br /> 人としてコミュニケーションがとれる場を、<br /> チームとして継続的に設けることが必要なのです。<br /> <br /> ●チームを活性化させる「ザッソウ」<br /> 具体的にいうと、それはチームにおけるコミュニケーションのあり方を<br /> 「ホウレンソウ」のステージから「ザッソウ(雑談・相談)」に上げる、ということです。<br /> <br /> ザッソウを通して、メンバー同士が何を考え、<br /> 何を感じているのかを共有し、言いたいことを言い合える信頼関係をつくる。<br /> それはチームに心理的安全をもたらし、メンバーのやる気を高めることにもつながります。<br /> <br /> それに普段から雑談をしていれば、本当に困ったときに相談しやすくなります。<br /> 旧来のホウレンソウだけの状態では、信頼関係ができていないわけですから、<br /> たとえ「いつでも相談していい」と言われていても、なかなか声をかけにくいものです。つまり話しかける心理的ハードルを下げるためにも、ザッソウは有効なのです。<br /> <br /> それだけではありません。新しいアイデアが出ない、専門的な知識がなくて困っている&hellip;&hellip;<br /> そんな問題を解決したいとき、ザッソウでコミュニケーションをとるうちに<br /> 価値が生まれることがあります。<br /> ザッソウは、イノベーションにつながるアイデアが生まれ、<br /> チームの生産性を高めることにもつながるのです。
10

ザッソウ 結果を出すチームの習慣

画像をクリックすると拡大画像が見られます

  • 新刊
ザッソウ 結果を出すチームの習慣

品番: 120-3182

1,620 円(税込)

  • カートに入れる




この商品の基本情報

著者名 倉貫 義人 著
判型 四六並製
頁数 226頁
発行/発売 2019年8月
対象者 マネジャークラスのビジネスパーソン

【この商品の発送日目安】

クレジット ・代金引換
ご注文確認後、 2営業日後 に発送いたします。

コンビニ・ATM(先払い)
ご入金確認後、 2営業日後 に発送いたします。

●「ホウレンソウ」だけではチームは回らない
仕事をする上で、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」は大切です。
こまめな報告があれば安心でき、
連絡が行き届くことで無駄もなくなり、
相談があることでいち早く問題を解決することができます。
ホウレンソウは社会人にとっての基礎スキルといえます。

ただ、ホウレンソウだけでは、
チームのコミュニケーションが機能しなくなってきています。

近年、チーム間で(とくに、上司と部下の間で)個人的な話がしにくくなっています。
働き方改革によって残業が減り、飲みニケーションや喫煙所での会話も少なくなりました。
ハラスメントに注意しすぎて仕事以外の話もしにくく、
つねに成果を求められているため、短期的な仕事の話が中心になっています。

こうしたコミュニケーションだけでは、
人を、成果を出すための道具としてしか見られなくなり、
やがてチームのモチベーションは下がっていってしまいます。
人としてコミュニケーションがとれる場を、
チームとして継続的に設けることが必要なのです。

●チームを活性化させる「ザッソウ」
具体的にいうと、それはチームにおけるコミュニケーションのあり方を
「ホウレンソウ」のステージから「ザッソウ(雑談・相談)」に上げる、ということです。

ザッソウを通して、メンバー同士が何を考え、
何を感じているのかを共有し、言いたいことを言い合える信頼関係をつくる。
それはチームに心理的安全をもたらし、メンバーのやる気を高めることにもつながります。

それに普段から雑談をしていれば、本当に困ったときに相談しやすくなります。
旧来のホウレンソウだけの状態では、信頼関係ができていないわけですから、
たとえ「いつでも相談していい」と言われていても、なかなか声をかけにくいものです。つまり話しかける心理的ハードルを下げるためにも、ザッソウは有効なのです。

それだけではありません。新しいアイデアが出ない、専門的な知識がなくて困っている……
そんな問題を解決したいとき、ザッソウでコミュニケーションをとるうちに
価値が生まれることがあります。
ザッソウは、イノベーションにつながるアイデアが生まれ、
チームの生産性を高めることにもつながるのです。

著者紹介

株式会社ソニックガーデン代表取締役
大学院を修了後、大手システム会社でエンジニアとしてキャリアを積みつつ「アジャイル開発」を日本に広げる活動を続ける。自ら立ち上げた社内ベンチャーを、2011年にMBOし、株式会社ソニックガーデンを創業。月額定額&成果契約という「納品のない受託開発」を展開し、注目を集める。新しいワークスタイルにも取り組み、リモートワークを実践し、そのノウハウも発信し続けている。
著書に『管理ゼロで成果はあがる 「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう』(技術評論社)、『「納品」をなくせばうまくいく』、『リモートチームでうまくいく』(ともに日本実業出版社)がある。

目次

はじめに
 ・良いチームの条件は、気軽に雑談と相談ができること
 ・「ザッソウ」の文化を広げて働きやすい社会をつくる

第1部 「効率化」だけでは成果は上がらない
 1.ひたすら効率化だけを求めた組織の末路
 2.これからの仕事に求められるのは「創造性」
 3.生産性と創造性には「心理的安全性」が必要だ
 4.「ホウレンソウ」に足りないコミュニケーション
 5.雑談+相談=「ザッソウ」でいこう!

第2部 「ザッソウ」でチームの成果は上がる
 1.なぜ、今「ザッソウ」が求められているのか
 2.成果を上げる「ザッソウ」の使い方 
 3.「ザッソウ」がチームに及ぼす6つの効果
 4.働きがいと働きやすさを高める「ザッソウ」

第3部 「ザッソウ」しやすい職場のつくり方
 1.「ザッソウ」できる職場へのプロセス
 2.「ザッソウ」が生まれやすい環境のつくり方
 3.「ザッソウ」しやすい心理的安全性の高め方
 4.「ザッソウ」できる職場をつくるリーダーの姿勢
 5.「ザッソウ」で考えるコミュニケーション術

第4部 チームと人を変えていく「ザッソウ」
 1.「ザッソウ」がチームに果たす役割と本質
 2.「ザッソウ」できる職場にはゆとりがある
 3.チームの境界を越えていく「ザッソウ」
 4.「ザッソウ」で組織は変わり、人を変えていく
 5.「ザッソウ」あふれるチームで働く人を幸せに

現在のレビュー: 0件

新着レビュー

新規コメントを書き込む

この商品を見た人は、このような商品にも興味をもっています