商品詳細ページ | JMAM eショップ学びの店 | 難関校合格のすごい勉強習慣

JMAM eショップ 書籍・通信教育通販サイト

5000円以上で送料無料

5,000円以上のお買い物で送料無料!!
12142
2
難関校合格のすごい勉強習慣
http://jmam.jp/manabi/products/detail.php?product_id=12142
中学受験を目指すお子さんの8割が<br /> 演習を手早くこなす「スピーディー学習」ばかりを繰り返します。<br /> &nbsp;<br /> その結果、<br /> 「たくさん勉強しているのに成績が伸びない」<br /> 「ミスばかりするので点数が上がらない」<br /> といった悩みを抱えることになります。<br /> このような状態を、本書では「アタフタさん」と呼んでいます。<br /> &nbsp;<br /> 次のうち、お子さんに当てはまる項目はいくつあるでしょうか。<br /> &nbsp;<br /> □ ケアレスミスが多い<br /> □ 問題文をしっかりと読まずに解き始める<br /> □ 不機嫌にイライラしながら学習している<br /> □ わからない問題に出くわすとすぐにあきらめてしまう<br /> □ よく当てずっぽうの答えを書く<br /> □「なぜ、こう書いたの?」とたずねると屁理屈を言ってキレ気味になる<br /> □ ノートや解答用紙に書かれた文字や数字が雑<br /> □ 書くことを面倒がる<br /> &nbsp;<br /> 8項目のうち3項目以上当てはまるようであれば、<br /> お子さんは「アタフタさん」になっている可能性が高く、<br /> 「受からない子」に共通している「学習のクセ」がついてしまっているかもしれません。<br /> &nbsp;<br /> 怖がらせてしまいましたが、難関校に合格するには、<br /> 演習を手早くこなす「スピーディー学習」は必須の能力で、<br /> これ自体なくてはならないものです。<br /> &nbsp;<br /> ですが、それに加えて<br /> 「わかった!」「なるほど!」と実感しながらじっくり問題に向き合う<br /> 「スロー学習」が必要になるのです。<br /> &nbsp;<br /> 「スピーディー&amp;スロー学習」は車の両輪であり、<br /> これができる状態を、本書では「ちゃくちゃくさん」と呼んでいます。<br /> &nbsp;<br /> &nbsp;<br /> お子さんを難関校に合格する「ちゃくちゃくさん」にするために、<br /> 本書では、スピーディーに問題をこなしつつも<br /> &nbsp;<br /> ①問題文をじっくり読む<br /> ②自分の手を使って式や図を書く<br /> ③自分で自分に問いかけながら考える<br /> &nbsp;<br /> を実行できる勉強法をご紹介します。<br /> &nbsp;<br /> もしもお子さんに「アタフタさん」の要素があると感じたのであれば、<br /> できるだけ早く「ちゃくちゃくさん」に変えてあげましょう。<br /> &nbsp;<br /> &nbsp;<br /> <strong>▼内容構成</strong><br /> <strong>第1</strong><strong>章 難関中学合格は「スロー学習」で9</strong><strong>割決まる</strong><br /> &rArr;「『受からない子』に共通している学習のクセとは?」というテーマから始まり、知識とともに思考力を要求する難関校に合格する子の勉強法「スピーディー&amp;スロー学習」とはどんなものかをわかりやすく、実例を多用しながら説明しています。<br /> お子さんの今の学習が「わかったつもりなのでは?」と不安がある親御さんには、ぜひじっくりと呼んでいただきたいパートです。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第2</strong><strong>章 「スロー学習」のキモは「読む・書く・考える」</strong><br /> &rArr;実際に「スピーディー&amp;スロー学習」を日々の学習に取り入れるにあたって、何をスピーディーにこなし、何にじっくり取り組むべきかということは、とても大切なことです。<br /> 「表とグラフの苦手意識は小4で克服できる」というテーマがありますが、それは多くの方が納得&amp;共感できる内容であると思います。<br /> 勉強の「作法」が詳しく書かれたパートです。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第3</strong><strong>章 「スピーディー&amp;スロー」を実践するための1</strong><strong>週間計画表 </strong><br /> &rArr;親が中学受験の内容をフォローできるのは、小4までと言われます。だからこそ、小4というのは親にとっても子どもにとっても大切な時期。この時期に身につける「勉強のしかた」は、お子さんの一生を支えるものであると言ってもいいでしょう。<br /> そして、その最大のポイントは、実は「自由時間」だと著者である西村先生は言います。<br /> 詳しくは本書で、しっかりご確認いただければと思います。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第4</strong><strong>章 成績アップ! 小4</strong><strong>科目別「スピーディー&amp;スロー」計画表</strong><br /> &rArr;小4の算数・国語・理科・社会を題材に、塾のある毎週の勉強の中で、何を「スピーディー」に、何を「スロー」にやるのか、具体的に説明していきます。<br /> 小4のお子さんの親御さん、これから塾に通わせようと考えている低学年のお子さんの親御さんは必見のパートです。<br /> 西村先生が提唱する「◯△☓勉強法」とはどんなものか、また「△」の問題をいつ、どうやって「◯」にしていくかは、中学受験を目指すすべてのご家庭の親御さんに呼んでいただきたい内容です。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第5</strong><strong>章 受験直前まで伸びる! 小5</strong><strong>・小6</strong><strong>「スピーディー&amp;スロー」計画表 </strong><br /> &rArr;実は、お子さんが5年生のときから中学受験の勉強を始めるご家庭、また4年生から塾に通わせているけど、今ひとつ勉強の「ペース」がつかめていないというご家庭も多いものです。<br /> 5年生からでも遅くない「スピーディー&amp;スロー」な学習計画を、曜日、時間帯のレベルまで、複数パターンの詳しい表にして解説しています。<br /> お子さんの学習のペースを「結果がバッチリ出る」ものにレベルアップしたいというご家庭におすすめのパートです。<br /> <br /> <br /> &nbsp;
http://jmam.jp/manabi/upload/save_image/12061109_5de9b86668f0d.jpg
書籍
◆電子書籍対応◆
書籍
一般書籍
子育て・知育・児童書
1500
中学受験を目指すお子さんの8割が<br /> 演習を手早くこなす「スピーディー学習」ばかりを繰り返します。<br /> &nbsp;<br /> その結果、<br /> 「たくさん勉強しているのに成績が伸びない」<br /> 「ミスばかりするので点数が上がらない」<br /> といった悩みを抱えることになります。<br /> このような状態を、本書では「アタフタさん」と呼んでいます。<br /> &nbsp;<br /> 次のうち、お子さんに当てはまる項目はいくつあるでしょうか。<br /> &nbsp;<br /> □ ケアレスミスが多い<br /> □ 問題文をしっかりと読まずに解き始める<br /> □ 不機嫌にイライラしながら学習している<br /> □ わからない問題に出くわすとすぐにあきらめてしまう<br /> □ よく当てずっぽうの答えを書く<br /> □「なぜ、こう書いたの?」とたずねると屁理屈を言ってキレ気味になる<br /> □ ノートや解答用紙に書かれた文字や数字が雑<br /> □ 書くことを面倒がる<br /> &nbsp;<br /> 8項目のうち3項目以上当てはまるようであれば、<br /> お子さんは「アタフタさん」になっている可能性が高く、<br /> 「受からない子」に共通している「学習のクセ」がついてしまっているかもしれません。<br /> &nbsp;<br /> 怖がらせてしまいましたが、難関校に合格するには、<br /> 演習を手早くこなす「スピーディー学習」は必須の能力で、<br /> これ自体なくてはならないものです。<br /> &nbsp;<br /> ですが、それに加えて<br /> 「わかった!」「なるほど!」と実感しながらじっくり問題に向き合う<br /> 「スロー学習」が必要になるのです。<br /> &nbsp;<br /> 「スピーディー&amp;スロー学習」は車の両輪であり、<br /> これができる状態を、本書では「ちゃくちゃくさん」と呼んでいます。<br /> &nbsp;<br /> &nbsp;<br /> お子さんを難関校に合格する「ちゃくちゃくさん」にするために、<br /> 本書では、スピーディーに問題をこなしつつも<br /> &nbsp;<br /> ①問題文をじっくり読む<br /> ②自分の手を使って式や図を書く<br /> ③自分で自分に問いかけながら考える<br /> &nbsp;<br /> を実行できる勉強法をご紹介します。<br /> &nbsp;<br /> もしもお子さんに「アタフタさん」の要素があると感じたのであれば、<br /> できるだけ早く「ちゃくちゃくさん」に変えてあげましょう。<br /> &nbsp;<br /> &nbsp;<br /> <strong>▼内容構成</strong><br /> <strong>第1</strong><strong>章 難関中学合格は「スロー学習」で9</strong><strong>割決まる</strong><br /> &rArr;「『受からない子』に共通している学習のクセとは?」というテーマから始まり、知識とともに思考力を要求する難関校に合格する子の勉強法「スピーディー&amp;スロー学習」とはどんなものかをわかりやすく、実例を多用しながら説明しています。<br /> お子さんの今の学習が「わかったつもりなのでは?」と不安がある親御さんには、ぜひじっくりと呼んでいただきたいパートです。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第2</strong><strong>章 「スロー学習」のキモは「読む・書く・考える」</strong><br /> &rArr;実際に「スピーディー&amp;スロー学習」を日々の学習に取り入れるにあたって、何をスピーディーにこなし、何にじっくり取り組むべきかということは、とても大切なことです。<br /> 「表とグラフの苦手意識は小4で克服できる」というテーマがありますが、それは多くの方が納得&amp;共感できる内容であると思います。<br /> 勉強の「作法」が詳しく書かれたパートです。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第3</strong><strong>章 「スピーディー&amp;スロー」を実践するための1</strong><strong>週間計画表 </strong><br /> &rArr;親が中学受験の内容をフォローできるのは、小4までと言われます。だからこそ、小4というのは親にとっても子どもにとっても大切な時期。この時期に身につける「勉強のしかた」は、お子さんの一生を支えるものであると言ってもいいでしょう。<br /> そして、その最大のポイントは、実は「自由時間」だと著者である西村先生は言います。<br /> 詳しくは本書で、しっかりご確認いただければと思います。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第4</strong><strong>章 成績アップ! 小4</strong><strong>科目別「スピーディー&amp;スロー」計画表</strong><br /> &rArr;小4の算数・国語・理科・社会を題材に、塾のある毎週の勉強の中で、何を「スピーディー」に、何を「スロー」にやるのか、具体的に説明していきます。<br /> 小4のお子さんの親御さん、これから塾に通わせようと考えている低学年のお子さんの親御さんは必見のパートです。<br /> 西村先生が提唱する「◯△☓勉強法」とはどんなものか、また「△」の問題をいつ、どうやって「◯」にしていくかは、中学受験を目指すすべてのご家庭の親御さんに呼んでいただきたい内容です。<br /> &nbsp;<br /> <strong>第5</strong><strong>章 受験直前まで伸びる! 小5</strong><strong>・小6</strong><strong>「スピーディー&amp;スロー」計画表 </strong><br /> &rArr;実は、お子さんが5年生のときから中学受験の勉強を始めるご家庭、また4年生から塾に通わせているけど、今ひとつ勉強の「ペース」がつかめていないというご家庭も多いものです。<br /> 5年生からでも遅くない「スピーディー&amp;スロー」な学習計画を、曜日、時間帯のレベルまで、複数パターンの詳しい表にして解説しています。<br /> お子さんの学習のペースを「結果がバッチリ出る」ものにレベルアップしたいというご家庭におすすめのパートです。<br /> <br /> <br /> &nbsp;
10

難関校合格のすごい勉強習慣

画像をクリックすると拡大画像が見られます

難関校合格のすごい勉強習慣

品番: 120-3195

1,650 円(税込)

  • カートに入れる




この商品の基本情報

著者名 西村 則康 著
判型 四六並製
頁数 192頁
発行/発売 2019年12月
対象者 2020年教育改革後の大学受験を見据えて、中学受験で難関校合格レベルに、子の成績を上げたいと考えている親 。

【この商品の発送日目安】

クレジット ・代金引換
ご注文確認後、 2営業日後 に発送いたします。

コンビニ・ATM(先払い)
ご入金確認後、 2営業日後 に発送いたします。

中学受験を目指すお子さんの8割が
演習を手早くこなす「スピーディー学習」ばかりを繰り返します。
 
その結果、
「たくさん勉強しているのに成績が伸びない」
「ミスばかりするので点数が上がらない」
といった悩みを抱えることになります。
このような状態を、本書では「アタフタさん」と呼んでいます。
 
次のうち、お子さんに当てはまる項目はいくつあるでしょうか。
 
□ ケアレスミスが多い
□ 問題文をしっかりと読まずに解き始める
□ 不機嫌にイライラしながら学習している
□ わからない問題に出くわすとすぐにあきらめてしまう
□ よく当てずっぽうの答えを書く
□「なぜ、こう書いたの?」とたずねると屁理屈を言ってキレ気味になる
□ ノートや解答用紙に書かれた文字や数字が雑
□ 書くことを面倒がる
 
8項目のうち3項目以上当てはまるようであれば、
お子さんは「アタフタさん」になっている可能性が高く、
「受からない子」に共通している「学習のクセ」がついてしまっているかもしれません。
 
怖がらせてしまいましたが、難関校に合格するには、
演習を手早くこなす「スピーディー学習」は必須の能力で、
これ自体なくてはならないものです。
 
ですが、それに加えて
「わかった!」「なるほど!」と実感しながらじっくり問題に向き合う
「スロー学習」が必要になるのです。
 
「スピーディー&スロー学習」は車の両輪であり、
これができる状態を、本書では「ちゃくちゃくさん」と呼んでいます。
 
 
お子さんを難関校に合格する「ちゃくちゃくさん」にするために、
本書では、スピーディーに問題をこなしつつも
 
①問題文をじっくり読む
②自分の手を使って式や図を書く
③自分で自分に問いかけながら考える
 
を実行できる勉強法をご紹介します。
 
もしもお子さんに「アタフタさん」の要素があると感じたのであれば、
できるだけ早く「ちゃくちゃくさん」に変えてあげましょう。
 
 
▼内容構成
第1章 難関中学合格は「スロー学習」で9割決まる
⇒「『受からない子』に共通している学習のクセとは?」というテーマから始まり、知識とともに思考力を要求する難関校に合格する子の勉強法「スピーディー&スロー学習」とはどんなものかをわかりやすく、実例を多用しながら説明しています。
お子さんの今の学習が「わかったつもりなのでは?」と不安がある親御さんには、ぜひじっくりと呼んでいただきたいパートです。
 
第2章 「スロー学習」のキモは「読む・書く・考える」
⇒実際に「スピーディー&スロー学習」を日々の学習に取り入れるにあたって、何をスピーディーにこなし、何にじっくり取り組むべきかということは、とても大切なことです。
「表とグラフの苦手意識は小4で克服できる」というテーマがありますが、それは多くの方が納得&共感できる内容であると思います。
勉強の「作法」が詳しく書かれたパートです。
 
第3章 「スピーディー&スロー」を実践するための1週間計画表
⇒親が中学受験の内容をフォローできるのは、小4までと言われます。だからこそ、小4というのは親にとっても子どもにとっても大切な時期。この時期に身につける「勉強のしかた」は、お子さんの一生を支えるものであると言ってもいいでしょう。
そして、その最大のポイントは、実は「自由時間」だと著者である西村先生は言います。
詳しくは本書で、しっかりご確認いただければと思います。
 
第4章 成績アップ! 小4科目別「スピーディー&スロー」計画表
⇒小4の算数・国語・理科・社会を題材に、塾のある毎週の勉強の中で、何を「スピーディー」に、何を「スロー」にやるのか、具体的に説明していきます。
小4のお子さんの親御さん、これから塾に通わせようと考えている低学年のお子さんの親御さんは必見のパートです。
西村先生が提唱する「◯△☓勉強法」とはどんなものか、また「△」の問題をいつ、どうやって「◯」にしていくかは、中学受験を目指すすべてのご家庭の親御さんに呼んでいただきたい内容です。
 
第5章 受験直前まで伸びる! 小5・小6「スピーディー&スロー」計画表
⇒実は、お子さんが5年生のときから中学受験の勉強を始めるご家庭、また4年生から塾に通わせているけど、今ひとつ勉強の「ペース」がつかめていないというご家庭も多いものです。
5年生からでも遅くない「スピーディー&スロー」な学習計画を、曜日、時間帯のレベルまで、複数パターンの詳しい表にして解説しています。
お子さんの学習のペースを「結果がバッチリ出る」ものにレベルアップしたいというご家庭におすすめのパートです。


 

著者紹介

30年以上、難関中学・高校受験指導一筋のカリスマ家庭教師。日本初の「塾ソムリエ」としても活躍中。これまで最難関校に2500人以上を合格させてきた実績を持つ。テレビや教育雑誌、新聞でも積極的に情報発信を行っており、中学受験情報サイト『かしこい塾の使い方』は16万人のお母さんが参考にしている。
著書に『中学受験は親が9割』(青春出版社)などがある。

目次

プロローグ 「うちの子どうして成績が上がらないの?」と悩んでいる親御さんへ

第1章 中学受験は「スロー学習」で9割決まる

第2章 「スピーディ&スロー」で最高の学習習慣がつく!

第3章 「スピーディ&スロー」を実践するための1週間計画表

第4章 成績アップ!小4科目別「スピーディ&スロー」計画表

第5章 受験直前まで伸びる!小5・小6「スピーディ&スロー」計画表

第6章 苦手が得点源に!「スピーディ&スロー」学習法・テスト対策

第7章 これで差がつく!「スピーディ&スロー」ノート術


現在のレビュー: 0件

新着レビュー

新規コメントを書き込む

この商品を見た人は、このような商品にも興味をもっています