商品詳細ページ | JMAM eショップ学びの店 | 図解 食品工場の基本とリスク管理

JMAM eショップ 書籍・通信教育通販サイト

お電話でもご注文承ります♪ 0120-39-4315 受付時間(平日): 9:00~17:00

3,000円以上のお買い物で送料無料!! お電話でもご注文承ります。 TEL: 0120-39-4315 平日: 9:00~17:00
5406
2
図解 食品工場の基本とリスク管理
http://jmam.jp/manabi/products/detail.php?product_id=5406
食品にかかわる事件・事故が頻繁に発生しています。これらを引き起こした原因は、ある日突然天から降ってきたわけではなく、注意深く周囲の事例を見回して対応していれば、回避できたものばかりです。<br /> 本書は、食品工場が被ると想定されるリスクを「他山の石」から学んで事前に把握し、万全の準備・未然防止するという視点から書かれています。<br /> 事件・事故・不祥事に限らず、生産者としての基本的な事項を取り上げ、あらゆるリスクを未然防止するための考え方と方策を説きます。<br /> &nbsp;
http://jmam.jp/manabi/upload/save_image/04150942_571038fe7e179.jpg
書籍
ビジネス書籍
接客・サービス
1800
食品にかかわる事件・事故が頻繁に発生しています。これらを引き起こした原因は、ある日突然天から降ってきたわけではなく、注意深く周囲の事例を見回して対応していれば、回避できたものばかりです。<br /> 本書は、食品工場が被ると想定されるリスクを「他山の石」から学んで事前に把握し、万全の準備・未然防止するという視点から書かれています。<br /> 事件・事故・不祥事に限らず、生産者としての基本的な事項を取り上げ、あらゆるリスクを未然防止するための考え方と方策を説きます。<br /> &nbsp;
10

図解 食品工場の基本とリスク管理

画像をクリックすると拡大画像が見られます

図解 食品工場の基本とリスク管理

品番: 110-4983

1,944 円(税込)

  • カートに入れる



この商品の基本情報

著者名 河岸 宏和 著
判型 A5判並製
頁数 200頁
発行/発売 2016年4月
対象者 食品産業に従事する現場リーダー、スタッフ、経営幹部。

【この商品の発送日目安】

クレジット ・代金引換
ご注文確認後、 2営業日後 に発送いたします。

コンビニ・ATM(先払い)
ご入金確認後、 2営業日後 に発送いたします。

食品にかかわる事件・事故が頻繁に発生しています。これらを引き起こした原因は、ある日突然天から降ってきたわけではなく、注意深く周囲の事例を見回して対応していれば、回避できたものばかりです。
本書は、食品工場が被ると想定されるリスクを「他山の石」から学んで事前に把握し、万全の準備・未然防止するという視点から書かれています。
事件・事故・不祥事に限らず、生産者としての基本的な事項を取り上げ、あらゆるリスクを未然防止するための考え方と方策を説きます。
 

著者紹介

1958 年生まれ。帯広畜産大学を卒業後、農場から食卓までの品質管理を実践中。
これまでに経験した品質管理業務は、養鶏場、食肉処理場、ハムソーセージ工場、餃子焼売工場、コンビニ向け総菜工場、配送流通センターなど多数。
現在も年間100 ヵ所を超えるの食品工場の点検・教育を行っている。
著書は、『ビジュアル図解 食品工場のしくみ』(同文舘出版)、『図解入門ビジネス 最新 食品工場の衛生と危機管理がよーくわかる本』 (秀和システム)など多数。

目次

1 事故・不祥事から学ぶ10の教訓
01 他山の石から学ぶ/02 食品工場の目的とは何か/03 危機危害を常に考える ほか

2 顧客に対する55の教訓
11 物理的危害とは何か/12 X線探知機を上手く使う/13 せっかくの検出器を有効活用するために ほか

3 従業員に対する15の教訓
68 将来の絵を見せる必要性/69 ステップアップできる工場づくり/70 管理責任者を明確にする必要性 ほか

4 地域に対する18の教訓
83 企業が存続する事の重要性/84 地域との交流を行う/85 災害時の拠点になる必要性 ほか

現在のレビュー: 0件

新着レビュー

新規コメントを書き込む

この商品を見た人は、このような商品にも興味をもっています