商品詳細ページ | JMAM eショップ学びの店 | 一流の決断力

JMAM eショップ 書籍・通信教育通販サイト

お電話でもご注文承ります♪ 0120-39-4315 受付時間(平日): 9:00~17:00

3,000円以上のお買い物で送料無料!! お電話でもご注文承ります。 TEL: 0120-39-4315 平日: 9:00~17:00
955
2
一流の決断力
http://jmam.jp/manabi/products/detail.php?product_id=955
<p>&ldquo;100人の悩みを両ポケットに詰め込んで&rdquo;<br /> 全力疾走するリーダーたちに贈る「決断の基本」<br /> <br /> 近年ますます変化の速さ、激しさを増す経営環境。先行き不透明な中で、経営者やリーダーには、タイミング、内容ともに「最適な決断」を下す能力が求められます。<br /> 本書では、さまざまな局面でどんな「決断」をしていくべきか&hellip;&hellip;。一瞬の勝負を勝ち切るコツ、負けを克服し逆転を図る方法、人を見抜く力など、さまざまな決断の基本、流儀を、39年間投資ファンドの世界で戦い、「ハゲタカ」として名を馳せた米系ファンドの雄、リップルウッドで数々のディール(取り引き)をまとめ上げてきた著者が70にまとめました。<br /> ぶれないリーダーを目指すビジネスパーソン必読の1冊です。<br /> <br /> 主な項目<br /> ●百人の悩みを両ポケットに詰め込んで<br /> ●相手目線に立つ<br /> ●上司に創造的な打ち返しを<br /> ●海外ノ「ライバル」ニモ負ケズ内向キノ守旧派ニモ負ケズ<br /> ●「石を投げるのをやめよう」と言い出す勇気<br /> ●走りながら考える時間術<br /> ●AかBか悩みぬいての決断であれば、どちらも正しい<br /> ●決断に迷ったら問う「何のために」<br /> ●決断においては少数意見を顧みよ<br /> ●グローバルな視点で市場をとらえる<br /> ●過去の安易な踏襲が創造性を奪う<br /> ●自己責任を徹底すれば決断が楽になる<br /> ●不格好なコールド・コールに勝機あり<br /> ●時間をかけ過ぎることのリスク<br /> ●みんなが賛成したプロジェクトは失敗する<br /> ●勝負事に欠かせぬ「観察眼」は、決断の基礎<br /> ●予測と期待を混同しない<br /> ●既成事実を作れ、後々助かること多し<br /> ●リスクをとる者が主導権を握る<br /> ●潮目を読み、自らの直感を信じ、行動に移すこと<br /> ●堂々と外国人と渡り合う力<br /> ●得意分野に落とし穴あり<br /> ●逆張りに徹せよ<br /> ●Execution(実務の執行)をおろそかにしない<br /> ●素直に負けを認める心<br /> ●行き詰まったら変数を減らすことを考えよ<br /> ●もめたときの決断には「慎み深さと寛容」を<br /> ●次にチャンスあり、傷口は浅く<br /> ●柔軟な決断がたいていの問題を解決する<br /> ●悩んでも解決しないことは悩まない<br /> ●失意泰然、得意淡然<br /> ●長期楽観、短期悲観が決断の目安<br /> ●「負け試合の感想戦」が明日の決断につながる<br /> ●挫折を乗り越えるために<br /> ●もし遅れても立ち止まって時計を見るな<br /> ●タイムリーな決断は日々の決断が十割<br /> ●よいパフォーマンスを何度でも再現できる人が真のプロフェッショナル<br /> ●決断の基本は景気の現在位置の確認から<br /> ●豊かな感受性をもって新聞を読む<br /> ●フレッシュな決断につながるストレス・マネージメント<br /> ●グッド・ジョブは常にメモをする姿勢から<br /> ●アウトプットとインプットのバランスを、そして深く考える習慣を<br /> ●真実を教えてくれる統計指標、変化率に注目を<br /> ●何千社ものバランスシートと損益計算書を読み込む<br /> ●間断ない報告は千金の価値あり<br /> ●強いストレス耐性は後天的に作ることができる<br /> ●矛盾はやがてバランスのとれた決断へ<br /> ●成功の秘訣はカウンターパートを好きになること<br /> ●気をつけるべきは視野にも入っていない人たち<br /> ●運の流れを読み、運の強い人は波長の異なる人と仕事をする<br /> ●優れたプロフェショナルに教えを乞う<br /> ●部下を守る<br /> ●イエスマンを信用するな<br /> ●辞める人を追いかけず、新しい人、異質の人を登用する<br /> ●第一印象と評判で人を判断しない<br /> ●若手に学ぶ<br /> ●コーポレート・カルチャーを背負って生きる<br /> ●結果を出してこそ優秀な部下はついてくる<br /> ●会社の浮沈は社長で七割がた決まる<br /> ●リスク感覚を徹底して磨く<br /> ●決断するリーダーをめざし、若いときから全力投球を<br /> ●ライオンよりラクダの絵を書け<br /> ●ネバー・ネバー・ネバー・ギブ・イン<br /> ●いつまでも霧は続かない。いつかは晴れる<br /> ●完璧を求めるより七十点主義で前へ進む<br /> ●時は金なり、しかし迷ったら愚直にもと来た道を戻れ<br /> ●「粘る力」と「割り切る技術」<br /> ●成功の復讐<br /> ●リスクをとることのインセンティブが働く組織に<br /> ●変わるものだけが生き残れる</p>
http://jmam.jp/manabi/upload/save_image/120-1888B.jpg
書籍
ビジネス書籍
リーダー・管理者・マネジメント
1500
<p>&ldquo;100人の悩みを両ポケットに詰め込んで&rdquo;<br /> 全力疾走するリーダーたちに贈る「決断の基本」<br /> <br /> 近年ますます変化の速さ、激しさを増す経営環境。先行き不透明な中で、経営者やリーダーには、タイミング、内容ともに「最適な決断」を下す能力が求められます。<br /> 本書では、さまざまな局面でどんな「決断」をしていくべきか&hellip;&hellip;。一瞬の勝負を勝ち切るコツ、負けを克服し逆転を図る方法、人を見抜く力など、さまざまな決断の基本、流儀を、39年間投資ファンドの世界で戦い、「ハゲタカ」として名を馳せた米系ファンドの雄、リップルウッドで数々のディール(取り引き)をまとめ上げてきた著者が70にまとめました。<br /> ぶれないリーダーを目指すビジネスパーソン必読の1冊です。<br /> <br /> 主な項目<br /> ●百人の悩みを両ポケットに詰め込んで<br /> ●相手目線に立つ<br /> ●上司に創造的な打ち返しを<br /> ●海外ノ「ライバル」ニモ負ケズ内向キノ守旧派ニモ負ケズ<br /> ●「石を投げるのをやめよう」と言い出す勇気<br /> ●走りながら考える時間術<br /> ●AかBか悩みぬいての決断であれば、どちらも正しい<br /> ●決断に迷ったら問う「何のために」<br /> ●決断においては少数意見を顧みよ<br /> ●グローバルな視点で市場をとらえる<br /> ●過去の安易な踏襲が創造性を奪う<br /> ●自己責任を徹底すれば決断が楽になる<br /> ●不格好なコールド・コールに勝機あり<br /> ●時間をかけ過ぎることのリスク<br /> ●みんなが賛成したプロジェクトは失敗する<br /> ●勝負事に欠かせぬ「観察眼」は、決断の基礎<br /> ●予測と期待を混同しない<br /> ●既成事実を作れ、後々助かること多し<br /> ●リスクをとる者が主導権を握る<br /> ●潮目を読み、自らの直感を信じ、行動に移すこと<br /> ●堂々と外国人と渡り合う力<br /> ●得意分野に落とし穴あり<br /> ●逆張りに徹せよ<br /> ●Execution(実務の執行)をおろそかにしない<br /> ●素直に負けを認める心<br /> ●行き詰まったら変数を減らすことを考えよ<br /> ●もめたときの決断には「慎み深さと寛容」を<br /> ●次にチャンスあり、傷口は浅く<br /> ●柔軟な決断がたいていの問題を解決する<br /> ●悩んでも解決しないことは悩まない<br /> ●失意泰然、得意淡然<br /> ●長期楽観、短期悲観が決断の目安<br /> ●「負け試合の感想戦」が明日の決断につながる<br /> ●挫折を乗り越えるために<br /> ●もし遅れても立ち止まって時計を見るな<br /> ●タイムリーな決断は日々の決断が十割<br /> ●よいパフォーマンスを何度でも再現できる人が真のプロフェッショナル<br /> ●決断の基本は景気の現在位置の確認から<br /> ●豊かな感受性をもって新聞を読む<br /> ●フレッシュな決断につながるストレス・マネージメント<br /> ●グッド・ジョブは常にメモをする姿勢から<br /> ●アウトプットとインプットのバランスを、そして深く考える習慣を<br /> ●真実を教えてくれる統計指標、変化率に注目を<br /> ●何千社ものバランスシートと損益計算書を読み込む<br /> ●間断ない報告は千金の価値あり<br /> ●強いストレス耐性は後天的に作ることができる<br /> ●矛盾はやがてバランスのとれた決断へ<br /> ●成功の秘訣はカウンターパートを好きになること<br /> ●気をつけるべきは視野にも入っていない人たち<br /> ●運の流れを読み、運の強い人は波長の異なる人と仕事をする<br /> ●優れたプロフェショナルに教えを乞う<br /> ●部下を守る<br /> ●イエスマンを信用するな<br /> ●辞める人を追いかけず、新しい人、異質の人を登用する<br /> ●第一印象と評判で人を判断しない<br /> ●若手に学ぶ<br /> ●コーポレート・カルチャーを背負って生きる<br /> ●結果を出してこそ優秀な部下はついてくる<br /> ●会社の浮沈は社長で七割がた決まる<br /> ●リスク感覚を徹底して磨く<br /> ●決断するリーダーをめざし、若いときから全力投球を<br /> ●ライオンよりラクダの絵を書け<br /> ●ネバー・ネバー・ネバー・ギブ・イン<br /> ●いつまでも霧は続かない。いつかは晴れる<br /> ●完璧を求めるより七十点主義で前へ進む<br /> ●時は金なり、しかし迷ったら愚直にもと来た道を戻れ<br /> ●「粘る力」と「割り切る技術」<br /> ●成功の復讐<br /> ●リスクをとることのインセンティブが働く組織に<br /> ●変わるものだけが生き残れる</p>
10

一流の決断力

一流の決断力

品番: 120-1888

1,620 円(税込)

  • カートに入れる



この商品の基本情報

著者名 植田 兼司 著
判型 四六判並製
頁数 240頁
発行/発売 2013年12月
対象者 リーダー、30代後半~40代の若手経営者。

【この商品の発送日目安】

クレジット ・代金引換
ご注文確認後、 2営業日後 に発送いたします。

コンビニ・ATM(先払い)
ご入金確認後、 2営業日後 に発送いたします。

“100人の悩みを両ポケットに詰め込んで”
全力疾走するリーダーたちに贈る「決断の基本」

近年ますます変化の速さ、激しさを増す経営環境。先行き不透明な中で、経営者やリーダーには、タイミング、内容ともに「最適な決断」を下す能力が求められます。
本書では、さまざまな局面でどんな「決断」をしていくべきか……。一瞬の勝負を勝ち切るコツ、負けを克服し逆転を図る方法、人を見抜く力など、さまざまな決断の基本、流儀を、39年間投資ファンドの世界で戦い、「ハゲタカ」として名を馳せた米系ファンドの雄、リップルウッドで数々のディール(取り引き)をまとめ上げてきた著者が70にまとめました。
ぶれないリーダーを目指すビジネスパーソン必読の1冊です。

主な項目
●百人の悩みを両ポケットに詰め込んで
●相手目線に立つ
●上司に創造的な打ち返しを
●海外ノ「ライバル」ニモ負ケズ内向キノ守旧派ニモ負ケズ
●「石を投げるのをやめよう」と言い出す勇気
●走りながら考える時間術
●AかBか悩みぬいての決断であれば、どちらも正しい
●決断に迷ったら問う「何のために」
●決断においては少数意見を顧みよ
●グローバルな視点で市場をとらえる
●過去の安易な踏襲が創造性を奪う
●自己責任を徹底すれば決断が楽になる
●不格好なコールド・コールに勝機あり
●時間をかけ過ぎることのリスク
●みんなが賛成したプロジェクトは失敗する
●勝負事に欠かせぬ「観察眼」は、決断の基礎
●予測と期待を混同しない
●既成事実を作れ、後々助かること多し
●リスクをとる者が主導権を握る
●潮目を読み、自らの直感を信じ、行動に移すこと
●堂々と外国人と渡り合う力
●得意分野に落とし穴あり
●逆張りに徹せよ
●Execution(実務の執行)をおろそかにしない
●素直に負けを認める心
●行き詰まったら変数を減らすことを考えよ
●もめたときの決断には「慎み深さと寛容」を
●次にチャンスあり、傷口は浅く
●柔軟な決断がたいていの問題を解決する
●悩んでも解決しないことは悩まない
●失意泰然、得意淡然
●長期楽観、短期悲観が決断の目安
●「負け試合の感想戦」が明日の決断につながる
●挫折を乗り越えるために
●もし遅れても立ち止まって時計を見るな
●タイムリーな決断は日々の決断が十割
●よいパフォーマンスを何度でも再現できる人が真のプロフェッショナル
●決断の基本は景気の現在位置の確認から
●豊かな感受性をもって新聞を読む
●フレッシュな決断につながるストレス・マネージメント
●グッド・ジョブは常にメモをする姿勢から
●アウトプットとインプットのバランスを、そして深く考える習慣を
●真実を教えてくれる統計指標、変化率に注目を
●何千社ものバランスシートと損益計算書を読み込む
●間断ない報告は千金の価値あり
●強いストレス耐性は後天的に作ることができる
●矛盾はやがてバランスのとれた決断へ
●成功の秘訣はカウンターパートを好きになること
●気をつけるべきは視野にも入っていない人たち
●運の流れを読み、運の強い人は波長の異なる人と仕事をする
●優れたプロフェショナルに教えを乞う
●部下を守る
●イエスマンを信用するな
●辞める人を追いかけず、新しい人、異質の人を登用する
●第一印象と評判で人を判断しない
●若手に学ぶ
●コーポレート・カルチャーを背負って生きる
●結果を出してこそ優秀な部下はついてくる
●会社の浮沈は社長で七割がた決まる
●リスク感覚を徹底して磨く
●決断するリーダーをめざし、若いときから全力投球を
●ライオンよりラクダの絵を書け
●ネバー・ネバー・ネバー・ギブ・イン
●いつまでも霧は続かない。いつかは晴れる
●完璧を求めるより七十点主義で前へ進む
●時は金なり、しかし迷ったら愚直にもと来た道を戻れ
●「粘る力」と「割り切る技術」
●成功の復讐
●リスクをとることのインセンティブが働く組織に
●変わるものだけが生き残れる


著者紹介

いわかぜキャピタル株式会社
代表取締役CEO

1952年生まれ。
1974年に関西学院大学経済学部を首席で卒業し、同年東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)に入社。以降25年間、国内外の資産運用業務に携わる。
1987年には、同社における当時の最年少課長に抜擢される。その後、グローバル運用のヘッドとして約7,000億円のポートフォリオを運用。
1999年より「ハゲタカ」として名をはせた米系投資ファンドのリップルウッド・ジャパンに移り、8年間に渡ってマネージング・ディレクター、代表取締役として数々のM&A案件を手掛ける。
2008年に、いわかぜキャピタルを設立し現在に至る。東洋大学経済学部講師、法政大学大学院講師を歴任。
著書に『企業買収 Q&A』(共著、1987年・六法出版社)、『21世紀・日本の金融産業革命』(共著、1999年・東洋経済新報社)など。
日本証券アナリスト協会検定会員。広東省増城市開発区特別顧問。

現在のレビュー: 0件

新着レビュー

新規コメントを書き込む

この商品を見た人は、このような商品にも興味をもっています