商品詳細ページ | JMAM eショップ学びの店 | Business Law Handbook 特許の取り方・守り方・活かし方

JMAM eショップ 書籍・通信教育通販サイト

お電話でもご注文承ります♪ 0120-39-4315 受付時間(平日): 9:00~17:00

3,000円以上のお買い物で送料無料!! お電話でもご注文承ります。 TEL: 0120-39-4315 平日: 9:00~17:00
9992
2
Business Law Handbook 特許の取り方・守り方・活かし方
http://jmam.jp/manabi/products/detail.php?product_id=9992
 元東証一部上場企業のエンジニア・知財担当者である現役弁護士・弁理士が書いた「特許実務の教科書」です。&lt;br&gt;<br /> 近頃、今までになかった新たな技術(例えば、AI、ビッグデータ、IOT、フィンテックなど)が話題になり、同時にその技術に関する知財、特に特許の重要性が再認識され、従来は特許とあまり縁のなかった業界でも特許出願がされるようになってきています。<br /> しかし、やるべき仕事がたくさんあるエンジニアにとって、通常は特許のことを一から学ぶ余裕などありません。そういった状況でも特許出願・取得・活用ができるよう、理系弁護士が使える特許実務知識をノウハウ化したのが本書です。<br /> 以上のように、技術には強いものの、特許・知財実務に詳しくない発明者の視点で作られた本ではありますが、知財担当者にとっても発明者がどういった戦略で特許を実践するか、発明者がどのような理論武装をして臨んでくるかがわかるので、その対応を知っておくことでビジネスを有利に進めることができる1冊です。<br /> <br /> <br /> &nbsp;
http://jmam.jp/manabi/upload/save_image/08011747_5980400848e51.jpg
書籍
ビジネス書籍
法律・契約書・マイナンバー
書籍
◆新刊書籍◆
2017年8月発刊
2200
 元東証一部上場企業のエンジニア・知財担当者である現役弁護士・弁理士が書いた「特許実務の教科書」です。&lt;br&gt;<br /> 近頃、今までになかった新たな技術(例えば、AI、ビッグデータ、IOT、フィンテックなど)が話題になり、同時にその技術に関する知財、特に特許の重要性が再認識され、従来は特許とあまり縁のなかった業界でも特許出願がされるようになってきています。<br /> しかし、やるべき仕事がたくさんあるエンジニアにとって、通常は特許のことを一から学ぶ余裕などありません。そういった状況でも特許出願・取得・活用ができるよう、理系弁護士が使える特許実務知識をノウハウ化したのが本書です。<br /> 以上のように、技術には強いものの、特許・知財実務に詳しくない発明者の視点で作られた本ではありますが、知財担当者にとっても発明者がどういった戦略で特許を実践するか、発明者がどのような理論武装をして臨んでくるかがわかるので、その対応を知っておくことでビジネスを有利に進めることができる1冊です。<br /> <br /> <br /> &nbsp;
10

Business Law Handbook 特許の取り方・守り方・活かし方

画像をクリックすると拡大画像が見られます

  • 新刊
Business Law Handbook 特許の取り方・守り方・活かし方

品番: 110-5994

2,376 円(税込)

  • カートに入れる



この商品の基本情報

著者名 岩永 利幸 著
判型 A5判並製
頁数 264頁
発行/発売 2017年8月
対象者 エンジニア・若手知財担当者。

【この商品の発送日目安】

クレジット ・代金引換
ご注文確認後、 2営業日後 に発送いたします。

コンビニ・ATM(先払い)
ご入金確認後、 2営業日後 に発送いたします。

 元東証一部上場企業のエンジニア・知財担当者である現役弁護士・弁理士が書いた「特許実務の教科書」です。<br>
近頃、今までになかった新たな技術(例えば、AI、ビッグデータ、IOT、フィンテックなど)が話題になり、同時にその技術に関する知財、特に特許の重要性が再認識され、従来は特許とあまり縁のなかった業界でも特許出願がされるようになってきています。
しかし、やるべき仕事がたくさんあるエンジニアにとって、通常は特許のことを一から学ぶ余裕などありません。そういった状況でも特許出願・取得・活用ができるよう、理系弁護士が使える特許実務知識をノウハウ化したのが本書です。
以上のように、技術には強いものの、特許・知財実務に詳しくない発明者の視点で作られた本ではありますが、知財担当者にとっても発明者がどういった戦略で特許を実践するか、発明者がどのような理論武装をして臨んでくるかがわかるので、その対応を知っておくことでビジネスを有利に進めることができる1冊です。


 

著者紹介

岩永 利彦(いわなが としひこ)
1988年東京工業大学理学部卒業、1990年同大学院理工学研究科修了。
同年ソニー株式会社に入社、LCD事業部や法務・知財部に勤めた。 現在は、岩永総合法律事務所所属(弁護士・弁理士)。
著書に『キャリアアップのための 知財実務のセオリー――技術を権利化する戦略と実行』(レクシスネクシス・ジャパン、2014年)がある。

目次

第1部  [総論~特許で事業を守る]特許の基礎から、特許調査の方法、特許出願戦略の立て方まで
特許とは
特許文献の読み方
先行技術調査の行い方
特許出願戦略の立て方

第2部  [特許の取り方1]強い特許明細書を作るための重要ポイント
【基本編】
明細書等とは/何をどのように書くか
【応用編】
審査に通りやすい明細書等とは
権利行使に強い明細書等とは
事業戦略を見据えた明細書等とは
【演習編】
クレームを書いてみよう
明細書を書いてみよう
出願してみよう

第3部  [特許の取り方2]進歩性を上手く主張して拒絶理由通知に対応する技術
進歩性とは何か
拒絶理由通知を覆そう
改訂審査基準に記載された重要なその他の事項
手続補正書・意見書以外の中間処理の手法
拒絶査定とその対応
諸外国における進歩性判断の実際
他の拒絶理由通知と特許査定
事例演習

第4部  [特許の守り方・活かし方]権利行使と相当の対価(利益)請求
権利行使
対価(相当の利益)請求

現在のレビュー: 0件

新着レビュー

新規コメントを書き込む

この商品を見た人は、このような商品にも興味をもっています